>

治療を妨げてしまう

口内に余計な力が加わっている

歯周病になった時は、炎症を抑える治療が行われます。
しかしそこに歯ぎしりや食いしばりが原因で余計な力を加えていると、歯の周辺組織が傷ついたままになってしまいます。
スムーズに回復できないので、治療にもっと長い時間が掛かるでしょう。
歯周病が治らず悪化すると、歯茎が弱って歯を失う可能性があります。

すると代わりの歯を埋め込まなければいけないので、治療費がより高くなります。
経済的にも負担が大きくなるので、歯周病だと診断されたら早く治療することを心がけてください。
仮に歯周病になっても、早く治療すれば費用を抑えられます。
歯ぎしりや食いしばりの癖があるとわかっているなら、治療する際にその旨を医師に伝えることをおすすめします。

歯並びが乱れてしまう

現在歯周病になっている人の場合は、炎症のダメージに加えて歯ぎしりや食いしばりのダメージも追加され、骨が失われやすくなります。
すると歯がどんどん揺さぶられ、動くリスクが高まります。
気づいた時には、歯並びが変わってしまうかもしれません。
歯並びが悪くなると噛み合わせも悪くなり、食べ物をうまく噛めなくなります。

また見た目も気になるようになり、人前に出られなくなる人も見られます。
自分にとって大きなストレスやコンプレックスになるので、そこまで症状が悪化しないように注意してください。
舌や顎の裏、頬の内側に異変が起こっていたら、無意識に歯ぎしりや食いしばりをしている可能性があります。
定期的に、この部分をチェックしましょう。


この記事をシェアする