>

歯が弱くなってしまう

知覚過敏にならないように

人間の歯には、象牙質や神経という部分があります。
普段は守られていますが、歯ぎしりや食いしばりを繰り返すことで剥き出しになり、食べ物や飲み物が象牙質や神経に触れてしまいます。
すると、知覚過敏の症状が起こると覚えておきましょう。
高齢になると知覚過敏など、口内の病気を発症するものだと思っている人が多いです。

しかし年齢は関係なく、若くても子供の頃から歯ぎしりを続けていたことが原因で、知覚過敏になる人が見られます。
早めに自分が歯ぎしりや食いしばりをしていることに気づき、対処しましょう。
知覚過敏になると、冷たい食べ物や飲み物を食べられなくなってしまいます。
好きなものを食べられないので、不自由に感じるでしょう。

汚れが溜まりやすくなる

歯が擦り減り、汚れが溜まりやすくなる面も歯ぎしりや食いしばりをするデメリットです。
しっかり歯を磨いたつもりでも細かい部分の汚れを落とせず、虫歯になるかもしれません。
また象牙質や神経が剥き出しになることも、虫歯菌が侵入する原因です。
虫歯になったら高額な治療費が発生しますし、何回も歯医者に通わなければいけないので面倒な手間が発生します。

さらに痛みを伴う治療になると、身体に与える負担が大きくなるでしょう。
歯医者での治療に、恐怖心を抱いている人が多いと思います。
そのような人は、最初から虫歯にならないよう対策を行いましょう。
まず、歯ぎしりや食いしばりをやめることが重要です。
日中は特に意識して、しないように努力してください。


この記事をシェアする